読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーがちゃんねる

主にグルメレビューを扱っていきます!飯テロ飯テロ〜!

つけ麺最強伝説!錦糸町に名店は確かに存在した

墨田区錦糸町。飲み屋賑わう歓楽街である。JR北口と南口では、表情が全く違っていて面白い町だ。南口の夜は歌舞伎町よりも治安が悪いと言われているので、皆様方にはお気を付けいただきたい。

 

最近は、ポケモンGOでにぎわっているようだ。

f:id:yasuhiro19jp:20170107190027j:plain

ポケモンGO祭りの様子。

 

そして、ラーメン屋の多い町である。ラーメン屋が多いと、必然的に客の奪い合いになるため、レベルが上がる。というのが私の持論だ。例えばラーメン激戦地の池袋や新宿などは総じてラーメン屋のレベルが高い。

 

南口を出て左方向へ。LIVINの中を抜け、まっすぐ進むと、ホテル街の中にその店は佇んでいる。

 

□中川會の濃厚魚介つけめん

 

店に入り、早速つけ麺並800円を購入。とっぴんぐの「カレ変ライス」150円ももちろん購入。これは後述するが、この店でつけ麺を食べるときに必須の注文だ。

 

・太くてコシのある麺

f:id:yasuhiro19jp:20170107185125j:plain

麺は、有名つけ麺店ではもはや常識。浅草開化楼製。ちゅるっとしたのど越しがたまらない。小麦香る、素晴らしい麺である。つやつやな見た目もキュート。まずは麺だけで食べてみる。うん。おいしい。シコシコしている。

 

・どろり濃厚魚介とんこつ

f:id:yasuhiro19jp:20170107185145j:plain

スープはいわゆる、濃厚魚介とんこつ系。ドロドロである。ノリが一枚、ネギ、チャーシューが一枚、メンマが二切れ。といったところ。魚介とんこつ系では珍しく、ほんのりと甘みがあるのが特徴。実は果物のペーストなどが入っているからだそうだ。まろやかな甘みは、癖になる味だ。

 

・とろりチャーシュー神豚見参!

f:id:yasuhiro19jp:20170107185150j:plain

これこれ!チャーシューはこれじゃなきゃあ。人によって好みはあると思うが、私が思う最強のチャーシューはやはり、じっくり煮込んだトロトロ系豚バラ。口の中でとろけるお豚がたまらない。

 

・そしてつけ汁につけて......

f:id:yasuhiro19jp:20170107185157j:plain

そして、ちゅるっといただく。はぁ。おいしい。安定の小並感である。スープの複雑な風味。そして今回は少ししいたけのテイストが強めか。麺を食べ進めていくうち、スープが薄まって、味の変化も楽しめる。満点だ。

 

麺を食べ終わると今度はお待ちかね、「カレ変ライス」だ。

画像が無くて申し訳ないが、これは必ず頼んでほしい一品。

 

あらかじめ買っておいた食券を、店員さんに

「おねがいしまーす!」

と渡すと、残ったつけ汁にカレー粉と、チャーシューの切れ端追加のスープをいれたものと、ごはんが出てくる。スープをご飯にかけて頂くと......

 

なんと!

 

カレー専門店で食べるような、濃厚で奥深い味わいの、本格派カレーが頂けるのである!1食で二度おいしいとはこのこと。是非この感動を体験してみて欲しい。

 

そして接客に関してだが、とても素晴らしい。笑顔で元気に案内してくれる。ただ、厨房でのおしゃべりが過ぎたのでちょっぴりそこは減点かな。

 

評価

★★★★★

4.8点

厨房でのおしゃべりが無ければ100点満点でした!

 

気になるお店はこちら!↓↓↓

錦糸町 中川會

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13125401/

 

錦糸町にお越しの際は、是非足を運んでみてくださいね。

 

大賀 康寛

深夜は見ちゃダメ!究極の飯テロ!武道家賢斗

ラーメン界のクリリンことおーがちゃんとは俺のことだ!

 

みなさんこんばんは。ラーメン大好きおーがちゃんです。ラーメンのためなら死ねる。ラーメンなら毎日食べられる。でも、カレーライスの方が好き。そんなおーがちゃんです。今日はこの間頂いて参りました、家系ラーメンのレビューを。深夜は見ちゃダメですよ!

 

東陽町駅前に佇むお店

 

実は東陽町がある江東区は美味しいラーメン屋が沢山あります。つけ麺、豚骨、味噌、塩、タンメン。オススメのお店が沢山ありますが、今回は東陽町駅前にある武道家賢斗というラーメン屋さんにお邪魔しました。

 

 

□なんだこの異様な色のスープは

 

味玉のりラーメン800円と、ご飯を注文。ご飯は食べ放題です。食いしん坊には嬉しい。しばらく待つと着丼。提供時間は平均でしょうか。カウンターの上にドンッと丼が着丼。

 

f:id:yasuhiro19jp:20170103203625j:plain

パッと見、変わった色をしたスープである。どんな味がするのだろう……

 

縮れ麺にほうれん草、濃厚豚骨醤油。海苔が乗って、いわゆる家系だ。通常の家系スープよりも、色がとても濃い。濃い味が想像できる色だ。超濃厚豚骨醤油スープと銘打ってるだけはある。

 

f:id:yasuhiro19jp:20170103203643j:plain

麺の硬さ、スープの濃さ、油の量を選ぶことができる。これは油多め、麺濃さ普通だ。

 

アップで撮影してみるとよくわかるが、油が多い。とは言っても、二郎系ほどではなく程よい量だ。麺を持ち上げてみる。

 

f:id:yasuhiro19jp:20170103203704j:plain

油とスープでコーティングされ、テカテカツヤツヤな縮れ麺。食欲をそそる。

 

麺を持ち上げると、濃厚な豚骨醤油の香りが立ち上る。グゥッ。お腹がなる。麺を一口すすってみる。んっ!?うまい!口の中でコクのある豚骨醤油味が広がり、麺はつるつるシコシコで歯応えも良い。first impressionは好感触だ。

 

次にスープをいただく。ぐおっ。これは濃厚だ!ガツンとパンチの聞いた味。しかし奥深さを感じさせる味わいのため、食べすすめても飽きることがなさそうだ。

 

f:id:yasuhiro19jp:20170103203725j:plain

味玉は半熟とろとろでしっかりとにんにく醤油味がついたもの。美味しい。

 

なんと海苔が8枚もついてきた!家系ラーメンの楽しみ方としてスタンダードな、海苔をスープに浸して、ご飯を巻いて食べるパターンを堪能し、食べ進めていく。チャーシューは当方の好みである、とろとろではなく、しっとり系で残念だったが、しっかりと味がついていて美味しかった。基本ではあるが、スープがアッツアツだったのも良いポイントだ。

 

f:id:yasuhiro19jp:20170103203743j:plain

あっという間に完食完飲!

 

味が濃い濃厚豚骨醤油系は、パンチがあるぶん味に飽きるため、スープを残してしまうことが多いが、ここのお店のスープは飽きることなく食べられた。スープの味が複雑で奥深いことも要因の一つではあるが、薬味の種類が多く用意されていて、味変ができることも大きな要素だ。

 

f:id:yasuhiro19jp:20170103203800j:plain

左から辛味噌、生姜、にんにくだ。醤油や胡椒ももちろん完備。

 

□やっぱ濃厚豚骨醤油最高ヤナ

 

最近ラーメンの食べすぎて、舌のハードルが上がってしまっているので、なかなかスープまで完飲できるラーメンに出会えてなかったこともあり。このお店にてスープまで飽きずに頂けたのは感動である。美味しかった!そして、店員さんも威勢があり、良い接客でした。ちょっと通路が狭いのが難点か。また来ようと思う。

 

★☆

4点 (チャーシューがトロトロだったら……

 

お店はこちら。

 

tabelog.com

 

悠久なる蒲田に舞い降りし伝説のカツカレーとは

デデデッデーデッデデデデッー!(カーン

 

蒲田!Kamata! we are kamata! yeah!

 

そう、そこは伝説の街。蒲田city。なんかすっごい駅前栄えてることで有名。コンビニとかめっちゃある。駅前にドトールある。すごい。あと、なんかバスターミナルある。すごい。パチンコ屋もあるけど、これはいらない。

 

□I Have a Win! I Have a splendor! ......ah! カツカレー

 

昼から忘年会やるっちゅーんで蒲田にやってまいりましたは、おーがちゃん。なんと、友達がなんか二度寝したということで、腹も減ったし飯を食うことに。

 

JR蒲田駅東口から徒歩3分に、その伝説の店はあった。デデデッデデデデッデーデー!(火曜サスペンス風

 

カツカレー。その素敵な響き。

 

嗚呼、カツカレー。

 

みんな大好きカツカレー。

 

勝負事の前にはカツカレー。

 

何はなくともカツカレー。

 

仕事納めにオツカレー。

 

お店の前にはランチ時で、年末だからかお客さんの行列が。10分ほど待っただろうか。中へ通される。

 

「マスター。この店で一番うめえカツカレーをくれ!」

(誇張表現あり)(真実:あ、特上ロースカツカレーください。)

 

ほどなくして着皿。

 

な、なんだこれはっ!なんとういう存在感!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161230152637j:plain

どんっ!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161230152635j:plain

どどんっ!

 

カツが別皿でくるとか初めての経験である。ウッヒョ〜。いい香りダァッー!

 

早速揚げたてサクサクのカツちゃんの切れ目をクパァしてみる。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161230152633j:plain

クパァ……

 

おぉ……。エロい。エロすぎる。サーモンピンクやないか。いいのか豚なのに。この豚やろうっ!

 

早速ソースをかけていただく。ムシャァ……

 

f:id:yasuhiro19jp:20161230152629j:plain

ホォォォッ!

 

サクッ……。フワーッ!かんだしゅんかん、鼻に一気に広がる芳醇な脂の香りと甘み。サクサクの衣。そして何より肉の柔らかさ。歯で噛み付いた時に、肉をかんだ感触はもはやなかった。この歯ざわりはなんだろうか。そう、まるで豆腐だ。やわらかすぎる。まるで牛のたたきを食べているような、絶妙な生感。しかし臭みは一切ない。分厚い。たまらん。ここはユートピアか。びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!

 

カレーもパクリ。うん。美味しい。しかしとんかつの存在感がすごすぎて、あんまり何が入ってたか覚えてない。多分チキンカレーだ。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161230152630j:plain

!?

 

アンジャッシュの渡部さんがオススメしている店なのだろうか。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161230152627j:plain

SPFと呼ばれる豚を使用している。

 

これほどまでにパーフェクトなカツカレーを、私はいまだかつて食べたことがなかった。山田かつてたべたことがなかった。とんでもねえ、こいつぁ本物のカツカレーダヨ。

Sugoi Perfect de Funtastic! na curry

略してSPF!

 

お値段2,300円と、少々値が張るものの値段に見合った体験は出来た。ゴールドエクスペリエンスレクイエムっ!

 

特上ロースカツカレー 2,300円なり。ごちそうさまでした。

f:id:yasuhiro19jp:20161230152623j:plain

 

きになるお店はこちら。

 

とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ

https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13178494/

 

ロースカツカレー1,000円もあります!こちらも絶品ですよ〜。ぜひご賞味あれ!

 

大賀 康寛

喉と唇ぷるんぷるん♪夜寝るときにはシルクのマスク

今日はなんか女性向けっぽい記事書いてみようかな的な、そんなアレですのでぜひ女性の方はご覧いただけたらな、と存じます☆

 

 

□唇うるおい対策してますか?

 

乾燥する季節ですが、皆様乾燥対策、行なっていますか?夜寝るときマスクすると唇と喉の潤いがぷるんぷるんになり、保たれるようです。そこで、12月22日木曜日深夜。コンビニで見つけたこれ、衝動買いしました。

 

 

f:id:yasuhiro19jp:20161224174948j:plain

なんかピンク色で訴求力のあるパッケージ。

 

一応喉を使う仕事をやっている僕としては、そろそろ喉のケアもしなきゃなーと思ってたところなので、僕の物欲にマッチング。可愛いパッケージですよね。女性も手にとりやすかと思います。

 

10万個売れてるとのことですが、実際どんな感じなんでしょうね。開けてみましょうか!

 

□え?パンティ?

 

早速開けてみました。開けたは良いのですが……。すごく罪悪感を覚えました。どうしてかっていうと……

 

f:id:yasuhiro19jp:20161224174933j:plain

ん!?

 

えっと……

 

f:id:yasuhiro19jp:20161224174933j:plain

 

!?!?

 

うーん……

 

これ完全にパンティだこれ。

どっからどうみてもパンツやこれ。

パンティやろ!パンティ欲しいから手に取ったみたいな、変態おじさんみたいな気分になったわ!どうしてくれんねん!六百三十円でこんな背徳感味わえるなら、安いもんやでしかし!……閑話休題。手に取ってみるととても触り心地がよく、着けやすいです。

 

 

□なんか色々すごいらしい

 

f:id:yasuhiro19jp:20161224174917j:plain

 

中に案内ブックみたいな小冊子が入っていました。

 

 

 

マスクつけるだけで快眠と美がキープされるらしいです。あとすごいポイントがいくつか書いてましたので簡単にご紹介。

 

・保湿力の高いシルク入り

 

シルクを素材に編み込んでるみたいです。確かにつけ心地は良いので、シルク、入ってんだろーな感はあります。メインはレーヨンみたいっすね。保湿力と通気性を兼ね備えたマスクになってるそうですよ。

 

・アジャスター付き

 

顔のでかい、おっと失礼。顔にフィットさせるために、ヒモに調節用のアジャスターが付いています。フィット感はこれでクリア。ただ、マックスでかくしても、僕の耳には食い込むので、やはり女性向けということなのでしょうな。

 

 

 

・使い心地を追求したステッチ

 

いわゆる肌に直接当たる部分。寝る邪魔にならないように工夫がされてるそうです。

 

 

・手洗い可能で何度でも使える

 

洗えば何度も使えるとのこと。2枚買って交互に使えば衛生面でも安心。なるほど、こうやって複数買わせるわけか。うまいなあ。

 

 

・丸みを帯びたヒモ

 

耳が痛くなる対策ですね。痛くなりにくいように設計してるそうです。

 

 

□なんか他にもコラムとか書いてあった

 

ガイドブックに「おやすみ中にマスクをつけると、なぜ潤うの?」というコラムが記載されていました。ふむふむなるほど。乾燥するとほうれいせんなどのシワが増える。これは女性にとって問題ですね。なんというか、こういう情報をちゃんと購入した後に伝えてくれる商品っていいですね。大体がマーケティングの過程で、「乾燥したらやばいっすよ!だから買いましょう!」みたいなやり方ですから。お金を払ったユーザーへ、有益な情報を与えようとする姿勢。好感が持てますね。

 

□使ってみて

 

サイズが女性向けなので、耳に紐がめり込みますが、使用感は悪くありません。起きた時に潤いも感じました。

 

乾燥にお悩みの女性は、ぜひ試して見てください。潤いましたよ!

 

 

大賀 康寛

【魅せます!クレーンキャッチャー攻略法!】

風が語りかけます。

寒い。寒すぎる。

十万石まんじゅう

 

さいたま県民の方にしかわからないネタで本日はスタートです。

 

さて、表題の通り、本日はクレーンキャッチャーの攻略法を編み出してきました。小手先の技術は関係ありません。コミュニケーション能力のある方なら、だれでも実践可能です。是非お試しください。

 

□クレーンキャッチャーゲームとは

 

1965年発祥の1play100円~500円である、ゲームセンター用ゲーム筐体。タイトーや、サミーの全身「株式会社さとみ」が発祥と言われている。クレーンで人形などを掴み、穴へ落とせば景品ゲット!一時期、イセエビキャッチャーなど、生き物を景品にしたクレーンキャッチャーもあったが、批判を受け、なくなった。

 

□早速ですが攻略法

 

まずは店員さんに攻略法を聞こう。攻略法を伺う事で、「これからこの景品にチャレンジしますよ!」と店員さんにアピール出来るという点と、実際に取り方のレクチャーを受けられるという二つのメリットがあります。この時点で店員さんは僕をロックオンしました。

 

恐らくですが、ゲームセンターのプライズコーナー担当の店員さんマニュアルには、こう書いてあると思われます。

 

「お金を使ったお客様にはゲットしやすいようにサポートしてあげましょう」

 

つまり、店員さんにお金を使っている事をアピールすると良いです。取りやすいように置きなおしてくれたりします。

 

店員さん「ここ狙って下さいね~!」

 

https://youtu.be/33D0CLX4TlY

チャリンッ。トゥルルリーン♪

プイプイプイプイプイプイ

私「あっ、やばっ笑 あっ!」

景品「こてん」

私「アヒャヒャヒャヒャー笑これはどうしたら良いんだ?わからなくなった」

 

https://youtu.be/BlZW2hPS9LU

トンッ。おい!おい笑

店員さん「なおしますよ笑」

私「ああ、すみません!」

 

https://youtu.be/V4mna3jfJTk

私「さあどうだ!いったか?」

私「ンアアーーイ!」

店員さん「おめでとうございます!」

私「ありがとうございます!ヤッタァー!!」

 

勝った!第三部完ッ!声がほんと嬉しそうで笑う(笑

 

すっごいよ!達成感!すっごいよ!達成感!

パリラパーリラッパリラパーリラッ♪

 

かかった金額は2,200円なり。amazonで見てみると

 

 

 

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204159p:plain

こんな感じ。310円差ですね。310円でこれだけの達成感、成功体験が得られるなら安いもんです!とっても興奮しました。久々に楽しかった!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204241j:plain

ナナナとウサギちゃんは、残ったクレジット4回で他のマシンでゲット。400円で取れすぎですやん笑

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204443j:plain

開封の儀!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204424j:plain

ぎゃああ~!動体分裂だぁ~!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204333j:plain

お顔がかわいい。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204405j:plain

セクスィ~

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204318j:plain

 おっぱい

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204300j:plain

パンツもちゃんと履いてますが、残念ながらお見せできません。健全なブログなので......ニヒヒ

 

f:id:yasuhiro19jp:20161215204346j:plain

めっちゃクオリティ高須クリニック!大満足!

 

というわけでいかがでしたでしょうか?2千円も使えば店員さんが飛んできて、とりやすいように置きなおしてくれます。是非店員さんに声をかけましょう!これが攻略法です。皆さんもお試しくださいね!

 

大賀 康寛

【Twitter Japanでツイッター広告ビジネス活用セミナーを受けてみた】

12月13日火曜日 京橋にて。

 

Twitterビジネス活用セミナーなるものが、開催されるとのことでマーケティングに興味がある僕としては、是非とも勉強したいということで早速行ってみた。(先日マーケティングはいらないとか言ってるにも関わらず笑)

 

京橋駅すぐ近くの、東京スクエアガーデン19階にTwitter Japanはあった。ゲストの入館カードを頂いて、ゲートを通りエレベーターに乗る。ゲートだけではなく、エレベーターにもICカード認証があり、ICカードをかざさないと19階に行けない仕組み。セキュリティ素晴らしいなあ!

 

□すごく綺麗で遊びゴコロのある社内

 

イベントスペースと思われる会場に、机が余裕を持って並んでいる。一人一人のスペースがかなり広い。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125428j:plain

セミナー終了後に撮影。会場がほとんど写ってない。何をやっているんだ俺は笑

 

 

定員が100名だったようだが、満員だ。欠席者もほぼいないようで、席はビジネスマンで埋まっていた。最前列で森田謙太郎さんのプレゼンを拝聴する。優しい声で聞きやすい。そしてスライドの出来が良い。動画も使用していてわかりやすい。これだけでも勉強になるなあ。

 

 

全ての席にTwitterオリジナルボールペンと、書籍(!)が置いてあった。さすがTwitterさん。太っ腹ですなあ。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125406j:plain

頂いた書籍。セミナー参加者全員に配られていた。

 

セミナーが始まる前の時間に、イベント会場をぐるりと回ってみる。なんかキッチンがあるぞ!?こ、これはTwitter社限定プリクラ!?なっ、パターがあるぞ。これはwii uか!?

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125436j:plain

何故イベント会場の後ろにキッチンが……Twitter社の遊びゴコロなのだろう

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125431j:plain

後ろにパターと、前には巨大な液晶TV&ゲーム機。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125434j:plain

多分、プリクラ。

 

Twitterというサービスと日本の親和性

 

Twitter広告はまだ始まって2年だそうだ。元々は大手企業しか利用できないサービスだったようだが、最近個人にも解放されたとのこと。Twitterは今年で創立10周年。まだまだ急成長を続けているようだ。興味深かったのは、月間でTwitter利用者4000万人に対してFacebookが2400万人ほどとの情報だ。これは日本に限った話らしい。世界的には、facebook利用者が圧倒的に多いため、日本は特殊な例のようだ。

 

日本でTwitter利用者が多い理由は、2度の大震災によるところが大きい。情報ライフラインとして活用されたのだ。避難所や支給品情報などの拡散に、一役も二役も買っていた。

 

そして、140文字という制限の中、英語に比べて日本語はたくさん伝えられる。例えば、林檎というキーワード。日本語では漢字2文字だが、英語ではappleで5文字だ。

 

Twitterで検索し、Twitterで情報発信し、Twitterで情報収集する、と言ったエンドユーザーの新しい行動パターンを作り上げたのがTwitterというサービスだ。

 

Twitterでの日本のユーザー属性

 

全ユーザーの48%は30代以上とのこと。これは意外だった。もっと若者が利用しているイメージであった。どうしてイメージとの剥離が起きたのか。実は発信している利用者の大半が若者で、30代以上の利用者は主に情報収集に利用していた。ツイートが目につくのは若者で、陰ながら利用しているのが30代以上。だから、若者が利用者の大半のように見えるのだ。

 

バイルEC購買率は、ノンユーザーに比べて2.5倍も高いとのこと。このデータをみる限り、Twitterで広告を打つことはEC事業者にとって重要だろう。数字が正しいか裏付けが取れていないので、参考までに見ていただきたい。

 

 

□ネット炎上

 

面白い話を伺った。ネットが炎上する確率の話だ。最近の話でいうと、nonstyle井上さんが、当て逃げをして炎上している。炎上確率は0.5%とのこと。母数が何で、分母がなにという定義を詳しくお聞きしたかったが、その辺の話はなかった笑。おそらく、アカウント数と、炎上したアカウント数だろう。いい情報も悪い情報も拡散されてしまう。それがTwitterというサービスの特徴だ。

 

 

Twitterとビジネスの親和性

 

Twitterとビジネスは非常に親和性が高いとのこと。まず、情報が早い。そして口コミがすぐ検索できる。フォロワーを獲得できれば、継続的にアピールできる。そして何より無料である。さらに競合他社のアカウントを分析すれば、自社への改善材料ともなりうる。

 

・どういうプロモーションツイートを行えば良いか

 

とにかく目に止まるツイートを打つこと。タイムラインはものすごいスピードで流れるもので、目に止まるようなツイートをすることで、タイムラインを止め読んでもらうことが出来ます。

目立つ要素としては

 

・アイコン(いつでも変更可能なので随時変更すると良い

・ユーザー名(いつでも変更可能なので随時変更すると良い

・動画

 

などだそうです。

 

さらには、1行目に共感出来るような文章をおく。そしてお得感をだす。

例:リツイートをしてくださった方には500円割引!など

そして行動への誘導。

例:リンクを貼るなど

 

そして、一つの事例として「投票カード」なるものがおすすめだとの事でした。投票カードとは、アンケート形式のツイート。アンケートをとった上で、商品の説明ページなどへ誘導する。投票カードは、投票期間を設定することが出来、期間が終了した際には投票結果が再度、投票者に通知されるため、2度アピールを行うことができるそうだ。1粒で2度美味しいってやつだ。

 

獲得率は数倍に跳ね上がり、獲得単価も1/2まで抑えられたとのこと。

 

・フォロワーの必要性

 

なぜフォロワーが必要であるか?それは、「興味はあるけど今は買わない」層をキープすることにある。購入タイミングまで接触を繰り返すことが可能なので、売り上げにつなげることができる。

 

・電話対応を減らす

 

電話対応を減らしたいお店が、Twitterで発信することによってよくある電話問い合わせを減らすことに成功したそうだ。コストダウンや、業務効率化にも使えそうである。

 

・勝ちパターンの把握

 

反応が良かったツイートの勝ちパターン、効果のあったツイートのやり方。プロモーションの打ち方。ターゲッティング方法などを分析すれば、マーケティングの効率はどんどん向上していくことだろう。

 

Twitterビジネス活用セミナーまとめ

 

1.    幅広い年齢層が情報を「発信」「収集」「検索」そして商品購入に対してポジティブ

2.    フォロワーは「メルマガ会員のようなもの」

3.    1行目に共感→2行目に利点→3行目にアクション指示

4.    1000円台から30秒スマホで「能動的拡散」

5.    広告は「誰かのフォロワー」「キーワード」を選べる

 

早速家に帰ってツイッター広告を始めてみた。そしてフォローを整理した。12月20日火曜日に

Neweightの歌謡会vol.4〜年末ダヨ!全員Let's go!〜

があるので、早速プロモーション活動に利用してみたのだ。広告費用は5000円。早速イベントページにクリックが40件ほど発生したようだ。インプレッション(タイムラインにツイートが表示された回数)はすでに1万越え。すごい。こりゃ5人くらいは来るかもなあ!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125439j:plain

 

セミナー終了後、社員さんの休憩スペースから東京タワーが見えることを発見。いいとこだなー!

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125423j:plain

注意:中には侵入しておりませんのであしからず笑

 

帰りに東京スクエアガーデンの地下を覗いてみると、獺祭バーなるものがあった!飲みたかったけど、翌日面談と打ち合わせがあるので断念。面談で断念。なんか語呂いいね。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161214125420j:plain

 

Twitter広告をビジネス活用したら、成功までショートカットできるやもしれん。そんな可能性を感じた一幕でございました。

 

あ、そうそう。僕のアカウントフォローしてね笑↓

twitter.com

 

大賀 康寛

【おもてなしの心とサービスの質は比例する】

12月12日月曜日朝。

 

うー!遅刻遅刻!今渋谷に向かってタクシーを飛ばしている僕はライターを営む、ごく一般的な個人事業主。強いて違うところをあげるとすれば法人化に興味があるってとこかナ・・・・・・名前は大賀 康寛(おおが やすひろ)。そんなわけで246を飛ばしながらライブ映像を見ていたのだ。

 

と、前置きはさておき笑

 

月曜朝恒例のhares liveに参加する予定だったのだけど、寝坊してしまって遅刻確定。急いでタクシーを捕まえて飛び乗った時の話です。

 

□hares liveとは?

 

毎週月曜日の朝に、西村創一郎さん主催で開催される、少人数ディスカッション。複業で活躍していらっしゃる著名な方を、毎回ゲストに呼んでお話を伺い、質疑応答するという形式。とても有意義なので、毎回参加しているのですが、朝早いのでついつい遅刻がちに。その日も前日、気絶するまで仕事をしていたため、起きたら開始30分前。

 

あっちゃー!と思いつつ、10分で支度してタクシーに飛び乗ったのでありました。

 

heres liveに毎週無料で参加出来るようになる、オンラインサロンはこちら

 

 

□タクシー運転手のおじちゃんが驚きの行動に

 

僕「景気はどうですか〜?」

 

おじちゃん「いや〜いまいちですねぇ」

 

と言ったような世間話をしつつ、愛機のmac book air「シゲル」でhares liveのライブ映像を鑑賞する僕。

 

「あーお腹空いたなあ」

 

それもそうである。起きて10分で家を飛び出したため、朝食を取れていない。するとなんと運転手のおじちゃんがスッ……とあるものを手渡してきたのだ。

 

それはラップに包まれたパン(!!!)であった。

 

f:id:yasuhiro19jp:20161213142511j:plain

 

「お腹空いてるならどうぞ〜」

 

「いやいやいや悪いっすよ!!!!でも、いいんですか?いただきま〜す」

 

と、遠慮するそぶりを一瞬だけしてありがたくいただきました。

 

なんとお茶までくださる徹底ぶり。この世に生まれ落ちてから34年。生きてきて初めての経験に感激してしまった僕は、運転手さんに

 

「こんなことないですよ!すごいです!」としきりに感激を伝えるのであった。

 

□サービスの質はおもてなしの心と比例する

 

人間が感激するポイントってどこだろう?とこの出来事に遭遇したことで、考えるきっかけになりました。それは驚きと、付加価値。思いやりの心であると感じました。急いでいたので、タクシー会社と運転手さんの名前は覚えられませんでしたが、思わぬサービスに感激して、またこんなサービスを受けたいなって思ったのです。

 

おそらく自分のために用意してあったであろう、パンとお茶をお腹をすかせたお客さんに提供しちゃう。これ以上の思いやり、優しさがあるでしょうか。すごい運ちゃんです。まさかタクシーでパンとお茶でてくるとは思いませんよね。通常のサービスに思わぬ付加価値。これこそが、顧客を驚かせ、感激させるサービスなのではないかなと。他の業種にも応用できそうです。

 

 

□じんかんばんじさいおーがうま

 

というような、素晴らしい出来事と遭遇できたので、本当にあれだな。人間万事塞翁が馬とはよく言ったものだなと。寝坊してよかったなって産まれて初めて思いました。皆さんも周りをよーく注意してみましょう。面白いこと、そこらに転がってますよ。

 

大賀 康寛