おーがちゃんねる

日々思うことを書いてみます。

【マーケティングはいらない】

以前まではヒットしたら、長期間売れ続ける事が多かったが、昨今の商品はヒットしてもすぐ廃れることが多いそうです。何故でしょうか。

 

 

□進化してきたマーケティング

 

f:id:yasuhiro19jp:20161212110534p:plain

 

 

モノを売る戦略、人の目に晒す戦略、人に買わせる戦略、技術が大幅に発達してきました。良いものであろうと良くないものであろうと、売れてしまうような技術です。購買意欲を刺激する、人の行動心理を読んで、そこへしかける。といったものです。数々の企業が成果を上げてきたことでしょう。これが、ヒットしたものがすぐに売れなくなる原因です。

 

 

マーケティングが原因とはどういうことか

 

人の心を真にキャッチできていないのです。要は、その場その場で買ってもらえればいい、目先の業績を重視したマーケティングが横行しているのです。だから、すぐ顧客が離れてしまう。継続的に買ってくれない。なら、どうすれば良いか?

 

 

□買わせないこと自ら買って頂くこと

 

買わせないことです。お客様自ら考え、選んで買って頂くのです。たまたま商品を知って、自分で調べて口コミを見て、そして他社の製品と比べてみて、ようやく買ったお客様は、その商品に愛着を覚えます。さらには企業に親近感を覚えます。結果リピーターとなるのです。そして、親しい友人たちに素晴らしさを無料で広めてくれる事でしょう。

 

マーケティング、広報、必要無いのです。その浮いたコストをどこに当てましょうか?製品や従業員です。より良い製品が出来、従業員は幸せになり懸命に働く。良いサイクルが回り始めることでしょう。

 

昨今の良い例で言うと、コストコなどが広告費を削減している企業として有名でしょう。この企業はCMを打ちません。そして、従業員の待遇が厚く、離職率が低い事でも有名です。

 

 

□顧客の質が物を言う時代

 

ここでいう顧客の質とは、いかに企業に対して愛着を持っているか、継続して顧客として購買して下さるか、です。一過性でものを買ってもらうことは簡単です。ですが、継続して買ってもらうのはいろいろな要素が必要となってきます。顧客に決めさせる。これが重要なキーワードとなるでしょう。

 

 

□興味を持ってもらうこと

 

安くてうまくて安心です!と打ち出さないでください。

 

我々はお客様に喜んでもらいたいのです。そのためには、素晴らしい商品を素晴らしい価格で提供せねばなりません。そのためには、こういった施策をうち、コストダウンし、ブラッシュアップを続けます。結果、安くて早くてうまい商品をご提供するに至りました。

 

このように打ち出して下さい。お客様に興味を持ってもらうのです。究極的には、これもマーケティングなので必要ないとも言えますが、マーケティングを打つのであれば、最低限この様に打ち出すべきです。

 

名刺を配って「面白いこと書いてますからブログ見てくださいね!」といっても、見てくださる方は少数です。それよりも、ネットで検索して私に興味を持ってくださって、記事を読み、面白いと思ってくださった方がファンとなるのです。リピーターになって下さるのです。

 

興味を持って下さったお客様を、逃さない。チャンスを掴むサービスづくりをしていきましょう!

 

大賀 康寛