おーがちゃんねる

日々思うことを書いてみます。

1億2000万総炎上社会

1億2000万総炎上社会

 

何か騒ぎがあるとパシャ!スマホで動画撮影!SNSで拡散!今、1億2000万人がお互いを監視しあっている。良い時代になったなと思いつつも、悪い面も表面化してきているのを感じている。

 

 

・マナー違反糾弾

 

最近ツイッターでマナー違反を盗撮し、晒し上げる行為が散見されている。犯罪行為は晒されるべきだし、拡散されるべきだ。しかし、マナー違反などの小さなことでSNSに晒し上げる行為はいかがなものか。それが1万リツイート、2万リツイートされてしまっている。

 

おそらくリツイートしている人の感情はこうだろう。

 

「マナー違反けしからん!この人のツイートは拡散せねば!」

 

だが、ちょっと待ってほしい。

それって本当に拡散されるべき情報なのだろうか。マナー違反はもちろんいけないことであり、正されなければならないことだ。しかし、無断で撮影してツイッターで晒上げている人間は、果たしてインターネット上でのマナーが守れていると言えるのだろうか。マナー違反を糾弾するために、マナー違反を犯している。これじゃ同じ穴の狢じゃないか。同じことをやっているのだ。マナーを正したいのであれば、その場で気が済むまで問い詰めればいい話なのだ。それをせずに、SNSで晒上げる行為はとんでもなく卑怯だし、矛盾している。

 

 

・炎上しやすい日本

 

バニラ・エア航空の件、サントリーが打ち出したCM「頂」の炎上が記憶に新しい。

 

バニラ・エアが燃えている。しかし、木島さんも燃えている。

http://www.huffingtonpost.jp/hirotada-ototake/post_15315_b_17326010.html

 

サントリーPR動画が炎上。「男性も侮辱」「なぜ社内でOKが出たのか」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/08/suntory_n_17436494.html

 

乙武洋匡氏は炎上し、サントリーのCMはクレームがつき、放映中止となってしまった。

 

日本が炎上しやすいのは何故なんだろうかと考えた時に、皆叩く対象を今か今かと待ち構えているのではないかという考えに行きついた。現実で抑圧され、ストレスを抱えている日本人は、ストレス解消のために叩く対象を渇望しているのだ。恐ろしい状況である。1億2000万人、誰しも炎上し言葉の暴力でリンチされる可能性があるのだ。そして、知らず知らずのうちに加害者となっている。

 

議論し合うのはよいことだが、許可なく撮影してSNSに晒し上げる行為や、罵詈雑言で人格攻撃することは断じてあってはならない。反論の余地を許さず、人を攻撃してストレス解消する卑怯な行為だ。

 

こんな状況では表立ってろくな発言はできないし、外では目立ったことはできない。炎上するからだ。こんな窮屈な社会にしてしまっては、もっと抑圧されるじゃないか。抑圧されてまた誰かが攻撃される。負のスパイラルだ。こんなことでよいのか。

 

 

・すべては抑圧が原因だ

 

SNSは晒し上げて攻撃する道具ではなく、有益な情報を拡散することに使用されるべきだが、仮に改善されたとしても根本的な解決にはならない。何故なら、現代日本人が抑圧され続けている状況は変わらないからである。炎上し、攻撃し合う世の中を変えるには、1億2000万人が抑圧されない世の中に造り替えなければならない。労働者の待遇、政治腐敗、富裕層優遇、全てを変える必要がある。全てを変えるには、一人一人が当事者意識をもって、身の回りのことから少しずつ変えていく意識が大切だと強く思う次第である。

 

大賀 康寛