おーがちゃんねる

あなたの暮らしに役立ったり役立たなかったりするブログ。

お仕事なくなっちゃった系フリーランスpart1

f:id:yasuhiro19jp:20170907224838j:plain

よーっし!これで継続案件も最後か~!疲れたな~。クライアントさん喜んでくれてよかったなぁ!さて、今月はっと……。あ、あれ?案件がない!ってことは……?お賃金がない!やべえ!支払いできねえ!

 

棚ぼた継続案件に安心して、案件獲得をおこたってしまったのがことの始まり。気付けば案件が全て完了してしまい、次の月の仕事がない状態。8月末。どうしよう。

 

 

クラウドソーシングで活動中のフリーライター

 

どうも、皆様初めまして。 ランサーズクラウドワークスといった、クラウドソーシングサイトで生計を建てている大賀 康寛と申します。ライターと名乗ってはいますが、特に実績はありません。ウェブ媒体でちょろっと書いてたりする程度の、ライターにうぶ毛が生えたようなやからです。生えかけです。今回はちょっと困ったことになりまして、作戦を練り直そうかと思いたち、こんな記事を公表しています。クラウドソーシングでライター始めよっかな!副業やってみようかな!って方の参考になれば幸いです。あとはダメな奴がもがき苦しむさまをお楽しみいただけるようなタイプの、ドSな方におススメです。それでは早速どうぞ!

 

 

クラウドソーシングとは

 

まず、クラウドソーシングについて軽く説明をいれますね。

 

クラウドソーシングとは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。“

Wikipediaより引用 

 

なんかわかりづらいんですけど、簡単に言うと企業さんが何か作りたいときに、大勢の人に声かけて出来る人おらんかー?って探すことをクラウドソーシングっていいます。んで、そのクラウドソーシングを行えるサイトがいくつか国内には存在します。 ランサーズ とかクラウドワークスとかが有名ですね。できる人おらんかー?っていう企業さんと、仕事したい!っていう人をマッチングすることができるのがクラウドソーシングサービスです。こういったサービスを活用すると、家にいながらお仕事ができるんです。なんで副業を始めたい方、フリーランスやりたい方にはおススメと言えるでしょう!そこでお仕事取ってるのが僕です。しかし、クラウドソーシングサービスにはデメリットもあります。これについては後述しますね。

 

 

クラウドソーシングサイトのメリットデメリット

 

クラウドソーシングサイトでは、仕事を頼みたい企業と、働きたい人のマッチングサービスを行っています。案件数はかなり多く、ライター案件に限定しても数千はあります。しかし総じて単価が低く、さらにシステム使用料として、報酬の20%取られてしまいます。これは痛い。単価低いし20%抜かれるしで大変です。これがクラウドソーシングサービス上での、働く側から見たデメリットでしょう。底辺ライターはつらいよ。その代わり参入はしやすいです。質より安さを求めているクライアントさんが多いため、初心者でも始めやすいのがメリットでしょう。案件募集タイトルに、「初心者歓迎!」の文字がところせましと踊り狂ってます。

 

逆にクライアントさん側からの目線にたつと、「安い・質はそれ相応」がメリットであり、デメリットである、ということですね。

 

 

○案件がないぞ、さあどうする

 

さて、前置きが長くなりましたが本題です。普通のお仕事でもそうですけど、お仕事が完了してからお金が入るまでは、一定の期間があります。なんで、それを見越して仕事を取っていかないと、お金が入ってこなくなってしまいます(当たり前)。フリーランスってのは基本的に、自分で仕事を取っていかないとお仕事が無いので、そこは一番気を使うべきところですね。なんと僕はそこをおこたってしまったのです。一番重要な部分が抜けるとか、スープのないラーメンみたいなもんです。バカです。アホです。ゴミカスです。

 

自己嫌悪に陥っても仕方がないので、とりあえず作戦を練ることにしました。

 

 

○数打ちゃ当たる作戦

 

とにかく案件数が多いので、応募しまくって当たったらそれに全力投球してなんとか継続してもらう!という作戦を取ることにしました。なんか就活みたいですね。フリーランスとは、終わりのない就活生みたいなもんなのかもしれません。

 

あと、髪の毛を黒髪に変えました。目立とうと思って金髪にしてたんですが、印象が悪いため案件を何個も断られたためです。ポリシーを曲げました。なんというポリシーのなさ!

 

f:id:yasuhiro19jp:20170907225534j:plain

 

文字単価1円以上に絞り、バシバシと応募していきます。

 

 

○単発案件と継続案件

 

フリーランスのお仕事には二種類あります。「単発案件」と、「継続案件」です。お仕事を探す手間と、仕事の慣れによる作業効率を考えると、継続案件がうれしい。新しい仕事ってどうしても慣れるまで時間かかりますからね。では継続案件を取るにはどうすればよいか。しっかりと仕事をし、クライアントさんに報酬以上の付加価値を与えることです。いい加減に仕事してたら、単発で終わるのは目に見えています。僕は異様に単発案件が多かったのですが、仕事の質が悪かったということなのでしょう。

 

質、あげなあかんね……。継続案件ほしいもん。がんばろう。

 

 

○どうなることやら

 

数うちゃ当たる作戦で、一日で20件応募したところ、4件の返信がありました。よっしゃ!めっちゃいい仕事して継続案件ゲットしたる!やったるで!底辺脱出や!

 

案件0に陥ってしまった大賀 康寛。底辺ライターがこの先生き残るには!?

次回!「マジで納期の5秒前」

お楽しみに!